2018年12月22日

数学が「使える」とはどういうことか?


12月19日に著書の数学大百科事典が発売されました。


アマゾンの数学書籍で1位を獲得するなど、
初速は好調のようです、ありがとうございます。


この本を書くときの大きなテーマの一つが
「使える数学」とは何か? ということでした。

実際のところ、「使える数学」でないものは
たくさん挙げることができますが、
何が「使える数学」か、というと答えに詰まります。


逆の例はこの本でたくさん紹介しています。
例えば、x^4を微分すると4x^3になりますが、
これができたからといって微分が理解できている
ということにはならないでしょう。

じゃあ、数学が使えることはどういうことか、
抽象的な言い方になりますけど、
数学の感覚をつかんでいる、となると思います。
抽象だけでなく、具体的に理解しているということです。

つまり、数学とモノを対応づけられている、
ということになるでしょうか?
複素数とCG、微分と速さ、微分方程式と放射能、
こんなことを関連づけることができれば、
それは数学を使えることに近づくと思います。

数学大百科事典では、数学とモノを対応づけた例を
できるだけたくさん紹介しています。

数学を使う感覚を知りたい方はぜひご一読下さい。


posted by エンジニアライター at 23:05| Comment(0) | 高校数学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月15日

つぶやき 2018/11/25〜2018/12/8

twitter_logo_header.png

●主なつぶやき
僕は数年前に、会社で
リストラを言い渡されたわけだけど、
これは本当にいいネタです。
今では色々なところで使えます。
あの時、リストラリストに
入れてくれた上司には、
今となっては感謝ですね。

怒る人は他人への感謝が
抜けているのでしょう。


続きを読む
posted by エンジニアライター at 23:11| Comment(0) | Twitter | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月08日

数学なしではこれからの時代は生き残れない

今回は私の著書、数学大百科事典 仕事で使う公式・定理・ルール127の前書きを紹介します。



人工知能、ビッグデータ、量子コンピュータ。テクノロジーの世界で脚光を浴びている言葉です。
そして、これから技術の主役になるでしょう。勉強を始めた人も多いかもしれません。

しかし、「本を読んでみたけれども、何もわからなかった」そんな人も多いのではないでしょうか。
その理由は数学です。
これらの技術には高度な数学が使われており、数学なしでは本質の理解はできません。

日本も国際化により外国人を見かけることが多くなり、外国語を習得することの必要性が認識されてきました。
同様に、自動運転やロボットなどのコンピュータが身近に増えてくることは確実です。
コンピュータはこれから単なる道具から、家族や同僚、部下に変わっていくのです。

コンピュータは数学の世界に生きています。いわば数学ネイティブです。
つまり、彼らの思考回路を理解し、コミュニケーションを取るためには数学という言語が必要になってきます。

もちろん、コンピュータは音声認識やパネルなどのインターフェイスを持つでしょう。
しかし、本当にコンピュータの能力を最大限発揮させるためには、彼らのネイティブ言語である数学の理解が必要なのです。


続きを読む
posted by エンジニアライター at 15:06| Comment(0) | 出版 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月01日

つぶやき 2018/11/11〜2018/11/24

twitter_logo_header.png

●主なつぶやき
自尊心とは自分で自分を認めること。
そして、他人が自分を
応援してくれると信じること。
前者があっても、後者がないと
近寄りがたい人になってしまう。

私の運営している書評ブログ「理系書評」が
紹介冊数1000冊に達しました。
約12年で1000冊ですから、
年に80冊ほど読んでいたことになります。
ちなみに1000冊目は
10年近く積読になっていた
心理学者マズローの名著でした。
http://bookshelf.rikei-style.net

ユーチューバーでもブロガーでもそうだが、
なれるひとは1000人に1人とも
10000人に1人とも言われる。
しかし、本気でやる気になりさえすれば、
数分の1くらいまで確率は上がるものだと思う。


続きを読む
posted by エンジニアライター at 14:32| Comment(0) | Twitter | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月24日

専門校閲に感謝


ようやく次の著書のチェックが終わり、
校了にたどりつきました。



数学の本なので、チェックが大変でした。
ミスがあると、本の信用性自体が
落ちてしまうので大変です。

その中で、今回専門校閲に大きく
助けられました。


専門校閲とは、数学など専門性が強い分野を
専門的に校閲している会社です。

今回対応いただいた会社は、
数学の参考書や教科書、受験用の問題なども
校閲されているとのことでした。

返ってきた原稿を見てびっくりしました。
かなりレベルの低いミスが多数見つかり、
なぜ気づかなかったのか不思議でした。

しかし、「ここは大丈夫だろう」と
無意識のうちに飛ばしていた箇所が
あったのですね。

著者には見つけられないミスというものが、
どうしてもあるのです。


また、多少専門的なことについても、
ご指摘をいただき大変参考になりました。

質問もさせてもらって
丁寧に回答してもらいましたしね。


今回の経験を通じ、世の中には、
見えないけれど大事な仕事をしている人がいる
ということを改めて感じることができました。

本当に感謝です。




posted by エンジニアライター at 23:11| Comment(0) | 出版 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする