2019年03月10日

時代は会員制ビジネスです


あるセミナーで始めてお会いした、
ナカムこと仲村寿子さん。

キャラはお酒が大好きなお笑い系、
といった感じなのですが、
とにかく魅力的な方なのです。
パワーが半端ではありません。

大学生のお嬢さんがいらっしゃったり、
数年前に長期入院されていたこともあったり、
いろいろ大変なこともあるかと思うのですが、
本当に話をしていて気持ちよい方なのですね。

その魅力もあってか、ナカムさんの
ビジネスはすこぶる好調のようです。

そんなナカムさんのビジネスはこちらです。
http://bluestone-ac.net/l/c/VuMA55tA/vxMOSdIZ/


キーワードは「会員制」です。

これを聞いて、私は時流に乗っているな〜
と感じたんですね。
少し前にサブスクリプションという本が
ベストセラーになりました。

天下のマイクロソフトなどのIT企業がとる、
時代にあった商売がサブスクリプションなのです。

ナカムさんが教える「会員制」ビジネスは、
そんな最先端のビジネスを
個人企業家が実現するためのノウハウが
集まったものなのです。

そんなナカムさんが、今「会員制」ビジネスの
動画を無料公開されています。

私も動画を見てみましたが、
「会員制」ビジネスの可能性を感じました。

ビジネスをされている方、
また将来起業を考えている方にとっては、
必ず役に立つ内容だと思いますので、
よろしければ見てみて下さい。
下のリンクから登録できます。
http://bluestone-ac.net/l/c/VuMA55tA/vxMOSdIZ/



以下の追記には、仲村さん本人の
メッセージをのせておきます。






続きを読む
posted by エンジニアライター at 11:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月09日

つぶやき 2019/02/17〜2019/03/2

twitter_logo_header.png

●主なつぶやき
数学(数式)も
一種のコミュニケーション手段、
つまり言語です。
例えば、アラビア語で書かれた文献は、
多くの人が専門家の翻訳に
頼らざるを得ないように、
数式という言語に慣れない人向けに、
自然言語で記述する必要があるはずです。
その言語を理解できないと、
知る資格がないというのは違うかと。

数学や物理では
もちろん「なぜなぜ」が必要。
しかし、時には黙って
受け入れることも重要だったりする。
それは偉人の肩に乗れるという、
後世代の特権なんだから、
利用しない手はない。

式は「未来を予言するため」にある。
そして、その予言者である式をつくるためには、
演繹的な方法と帰納的な方法の2つがあります。
演繹的には微分方程式を解いて式を作ります。
そして、帰納的にはデータに統計的な処理をして、
式を作ります。

数学という学問は、
例外ばかり調べて、
重箱の隅をつっつくようなことを、
と感じてしまいます。
しかし、ただ細かいことを
いっているのではなくて
重箱の隅にこそ本質が隠れている
ことも多いものなのですね。

チャンスはピンチの姿をして
現れるといいますが、
最近それがあからさま過ぎて
「女神さま、もっと隠そうよ」
と思えることがありました。
だいぶワクワクしてきました。
夢(妄想)が広がりますね。

続きを読む
posted by エンジニアライター at 22:45| Comment(0) | Twitter | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月02日

確定申告も悪くない

この時期、SNS上でも確定申告という
キーワードをたくさんみかけます。
まあ、とても面倒なことなので、
みんなうんざりされているようですね。

それは当然だとは思いますが、
私は確定申告に関しては、
少し違った印象を持っています。

それは一年に一回、自分の収入と支出を
振り返る良い機会だと考えているのです。


私は普段サラリーマンなので、
税金や社会保険が天引きで、
あまり意識する機会がありません。

確定申告をしていると、
一体税金がいくらなのか、いくら稼いだのか、
いくら投資しているのか、はっきりわかります。

しかも数字は嫌いな方ではないので、
数字の詰まった申告書を見ると
少しときめきます(笑)


まあ、まだそんなに書くことがないから
こんな余裕でいられるのかもしれませんね。

活動範囲を広げて、イヤになるくらい、
誰かに頼まざるを得ないくらい、
大変な作業になれば、
それはそれで面白いのかな、と思います。

posted by エンジニアライター at 22:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月23日

つぶやき 2019/02/03〜2019/02/16

twitter_logo_header.png

●主なつぶやき
給料をもらったら、
まず2割を貯金しなさい、
などということが良く言われる。
ただ、本質は「貯金をすること」
ではなくて
「収入の8割で生活をすること」
にあると思う。

「AIが具体的にどんな働きをしているのか、
全然イメージできないです。」
このイメージは僕はできます。
それを可能にしているのは、
数学の力なのです。

私なんて、数学は線形代数、複素関数論、
ベクトル解析くらいで
ストップしているのに
『数学大百科事典』なんて本を、
恥ずかしげもなく世に出しています。
私はたいした人間ではありませんが、
専門家の方は、
私のこんなところだけは
見習って欲しいと思います。

原岡喜重先生の『はじめての解析学』。
この本の前書きは本当にすばらしい。
「自然の本質は変化です。」に始まり、
必要十分の文字数で
解析学の本質を語っています。
数学者らしい!
こんな文章が書けるようになりたいですね。

『数学大百科事典』が
頂いたアマゾンレビューの中で
「コラムが面白い」
という意見があるのは嬉しいです。
実はコラムは気合いれて書いてます。
特に「虚数の時間とは何か?」
「コンピュータは2進数で計算している」
「数学の世界の爆弾」がお勧めです。
https://amzn.to/2DJSHHI

普通の人は言語で思考するから、
モノを言語化することが必要。
だから数学だって、
数式から言語に落とし込む必要がある。
本当の天才は思考のOSが数式で、
数式のまま理解して
考えられる人もいるかもしれない。
もちろん僕はそうではない。


続きを読む
posted by エンジニアライター at 23:13| Comment(0) | Twitter | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月16日

Youtubeを始めた5つの理由

Youtubeで『蔵本貴文の数学大百科事典』という
チャンネルを開設しました。
https://www.youtube.com/channel/UCrRKgswx5kg-IrB4_Szb4qw


このチャンネルでは『数学大百科事典』の内容を中心に
数学系のコンテンツを配信する予定です。

さて、なぜこのようなことを始めたかというと、
それには5つの理由があります。

1,書籍『数学大百科事典』の宣伝になる
 このチャンネルは著書名そのままですから、
 動画を見て僕を知ってくれた方が、
 書籍を知るきっかけとなり、購買につながるでしょう。
 特に、数学や数学の項目による検索をする方を
 私の本へ導くことができます。

2,さらに数学の知識を磨く機会になる
 動画を作成するときに、当然その項目を見直し
 ポイントを整理して、情報を取捨選択します。
 それが、私の数学の知識をより磨くことになるのです。

3,話すトレーニングとなる
 私はセミナーの経験がないため、 
 ものごとを整理して話すスキルが弱いです。
 Youtubeで話を通して、伝えることで、
 このスキルを磨くことができます。

4,動画を扱う経験ができる
 これから先、文字情報から動画情報へのシフトは
 確実に起こってくるでしょう。
 いま、動画を始めることにより、動画を扱う経験を積み
 スキルや知識を向上させることができます。

5,将来、広告を貼るなどして、収益化の可能性がある
 Youtubeの視聴回数が順調に増えてくれれば、
 広告を貼るなどして、収益化ができるかもしれません。


つまり、私にとってYoutubeのチャンネル開設は、
5つものメリットがある、重要な行動なのです。

特に、2、3、4は視聴回数が伸びなくても、
動画投稿を継続するモチベーションになってくれます。

つまり、著書の宣伝や収益化という目的だけだと、
視聴回数が伸びないと、モチベーションが下がってしまうでしょう。

しかし、その他の目的があるからこそ投稿を続けられる、
そして、結果的に投稿数が積みあがり、
宣伝や収益化の可能性も高まることでしょう。

以前、1アクション3ゴールという話をしました。
こんなことを意識して、行動する基準としていれば、
仕事の生産性を高められると考えています。



posted by エンジニアライター at 19:47| Comment(0) | 高校数学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする