2019年06月22日

メタ認知ができれば大丈夫


メンタリストDaigoさんの動画を見ていると、
睡眠不足というものが、どれだけ危険がわかります。

脳の切れも落ちるし、ネガティブ思考になるし
本当にいいことがないのです。

最近、このことを強く思い知ることがありました。
先日、何年かぶりに徹夜をしたのですね。

朝から寝ようとするわけですが、
7時に寝て、起きたら9時、
ええっ、ここで目が覚めるの! という感じです。

当然、寝不足も寝不足、頭は痛いし最悪です。
そして、何よりものすごい
ネガティブ思考に陥ったのです。

入れた予定が無意味のように感じてしまい、
全てをキャンセルしてしまいたい
とかなり強い後悔が襲ってきます。

もう人生自体やめてしまいたい、
と思うほどの強いネガティブ感。


でも、思ったのですね、
睡眠不足が脳の働きを鈍くしたり、
ネガティブ思考を招くということは
知識としてはよく知っています。

だから、これは睡眠不足のせいで、
一時的なものなのだと。

だから、とにかく寝てみることにしました。
実際、そこから3時間ほど寝ると
ネガティブ感もだんだん薄れてきて、
ランチを食べる頃には大分回復していました。


この時の感覚が、ネガティブな自分を
少し遠くから見ているメタ認知の感覚です。

外部要因により、気分が落ち込んだり、
頭の働きが鈍くなることはあるでしょう。
でも、自分がそういう状態であると
認識することができれば、大事には至らないのです。

メタ認知は本当に重要だと感じた瞬間でした。
posted by エンジニアライター at 12:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月15日

つぶやき 2019/05/26〜2019/06/08

twitter_logo_header.png

●主なつぶやき
NHKのラジオ英会話の
オンライン教材を買ってとたん、
Facebookに英語関連の広告がうたれる。
まあ、ある意味気持ち悪いとも
思うかもしれないけど、
個人が特定されない範囲内であれば
自分に最適化された広告というのは
悪くはないと思う。

天狼院の編集ゼミで講義の
まとめをしているけれども、
大体2000字にまとめることができた。
トーストマスターズのエバリュエーションでも
大体3分にまとめることが
できるようになったことを考えると、
訓練を続けていると
分量は落ち着くところに落ち着くのだな、
と感じる。

続きを読む
posted by エンジニアライター at 20:12| Comment(0) | Twitter | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月08日

理系=IT が得意というわけではない

職業は何ですか? と聞かれて、
「エンジニアです」と答えると、
よく「じゃあパソコンとか強いんですよね」
と言われることがあります。

確かに、一般のレベルから見ると
多少は強いかもしれません。

でも、本当のところ、
パソコンをさわるのは好きではありません。

真っ白なところから、自分でプログラムを組んで、
何かをする、というならまだ良いのですが、
パソコンを使っていると、その99.99%の作業は
今あるソフトウェアを使う作業です。

このソフトウェアを使う作業というのが問題なのです。
例えば、ファイルを編集していて、
「この設定がどこにあるのかわからない」
また、わからないなら調べれば良いのでいいですが、
「当たり前に思えることが、実はできない」

人の作ったソフトウェアを使っていると
どうしても、こんなストレスを感じてしまいます。
それがとても嫌いなのですね。


ということで、バリバリと
プログラミングをするエンジニアでも、
実はフェイスブックは苦手とかWordは触れないとか
いうことが結構あったりします。

エンジニアといっても万能ではありません。
適切な答えが返ってこなくても、
あまりガッカリしないようにしてください。
posted by エンジニアライター at 23:22| Comment(0) | テクノロジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月01日

つぶやき 2019/05/12〜2019/05/25

twitter_logo_header.png

●主なつぶやき
モヤモヤっとすることがあった時、
まず自分の感情を徹底的に言語化してみる。
全てはそこから。

「複雑な価格モデルがもたらす心理的コストを
通信会社が軽視している」
まさにこれだと思います。
スマホは大手キャリアで
契約する気にはなれません。
あの価格体系を見てみると
「お前らどうせ騙されるんだ」
とバカにされているような気がします。


続きを読む
posted by エンジニアライター at 22:58| Comment(0) | Twitter | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月25日

「忙しい」が時間貧乏を招く

「お金がない」
よく聞きますが、
この言葉の危険性をご存知でしょうか。

お金というものは、実体がないものです。
まあ、硬貨やお札という実体はありますが、
その金属や紙自体に価値を感じている人は
いないことでしょう。

つまり、そのモノではなく、
モノとの交換価値、実体のないものに
価値を感じているのです。

クレジットカードや電子マネーなどになると
それはより明らかになります。

お金というのは、ただの数字でしかないのです。

実体がないものですから、
お金は人間のイメージがそのまま
投影されることになります。

「お金は汚いものだ」と思えば本当に汚くなるし、
「お金が足りない」と思えば足りなくなります。

だから、お金とうまく付き合うためには、
お金への認識を変えることが大事なのです。


前置きが長くなりました。
今回の本題である「時間」の話です。

もうお分かりかもしれませんが、
時間だって、実体があるようでありません。

だから、人間の意識がそのまま投影されるのです。
時間がないと思えば、時間は無くなってしまうのです。
だから、「忙しい」は禁句なのです。

その中でDaigoさんの本の中で、
もっと直接的な記載がありました。

つまり、「忙しい」と思うと、
仕事の生産性を下げてしまうというのです。
これを時間汚染といって、エビデンスもあります。

生産性が下がれば、当然時間は足りなくなります。
しかし、その出発点は、仕事量ではなく、
「忙しい」という自分の意識だというのです。


お金があっても、豊かでない人もいます。
物質的にはお金がなくても、豊かな人もいます。

それと同じように、やるべきことが少なくても
時間がないと思えば、ゆとりはありません。
逆に、やることが多かったとしても、
時間は十分にあると思えば、
ゆとりのある生活ができるはずなのです。

本当に「忙しい」は危ない言葉です。
しかも、「忙しい」という言葉は、
ある種の社会的ステータスを
与えてくれるから、なお厄介です。

これから、時間に対する認識をゆっくり変えて、
よりゆとりのある、豊かな生活を過ごせるように
なりたいものです。





posted by エンジニアライター at 00:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする