2017年09月16日

しゃべるように書く意味

10倍速く書ける 超スピード文章術

数々の著名な著者の本のライティング実績、
そして、ご本人も多数の著書がある
上阪徹 氏の新刊が発売になりました。

私は上阪さんのセミナーで文章を
学んだことがあるのですが、
良く言われた(そしてこの本にも書いてある)
ことが、「しゃべるように書きなさい」
ということでした。

あらためて今回の新刊を読んで、
その意味がわかったような気がします。

しゃべるように書くことの意味は
大きく二つです。

一つ目は、「読者を意識せざるを得なくなる」
ということです。

書くという行為は一人でも行えます。
しかし、しゃべる時は必ず相手がいます。

しゃべるように書く時、
それは具体的な誰かをイメージします。

だから、この人はこの話題に興味があるだろうか?
この人はこの言葉を理解できるだろうか?
と、相手の立場に立った文章が書けるのです。


二つ目は「書く」呪縛から逃れられる
ということです。

人は「書き言葉」に
驚くほど思い込みを持っています。

つまり、「作文ってこんなもんだろ」
「広告なんてこんなもんだろ」
「感想文なんてこんなもんだろ」
という思い込みです。

だから、普段使わないような
妙な慣用句を使ってみたり、
妙に前書きが長くなったり、
起承転結の枠に無理矢理はめ込んだり、
と普段やらないことをしてしまうのです。

はっきり言いますが、
この手の表現は百害あって一利なしです。

読み手からすると、退屈だったり、
分かりにくかったり、ろくなことがありません。

しゃべるように書くと、
この手の呪縛から逃れることができます。

これがしゃべるように書くメリットです。

特に後者はあまり意識することが
ないかもしれませんが、
本当にたくさんの人が「書く呪縛」に
取り付かれています。

これは書く勉強を始めてから
とても強く感じることです。
posted by エンジニアライター at 23:00| Comment(0) | 出版 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月19日

フィクションの面白さは現実と非現実のはざまにある


デスノートという漫画をご存知でしょうか?

死神が現実世界にデスノートという
ノートを落とし、
それをある少年が拾うところから始まります。

そして、そのノートは名前を書いた人が
本当に死んでしまう、というものだったのです。

ドラマ化や映画化もされ、大ヒットしました。

なぜ面白いのか、その要素を考えてみると、
その面白さは現実と非現実のはざまにある
と思うのです。

「デスノート」「死神」と非現実で始まりますが、
その後は徹底的にリアルです。

アリバイとか証拠とか…、
「死神」が出てきている時点で
そんなものに意味があるのか?
と思いたくもなりますが、とにかくリアルなのです。

また、小説では転生モノと言われる分野が人気です。

これはある日起きると、○○になっていた。
と異性や有名人に生まれ変わる
というストーリーが定番ですが、
生まれ変わるという非現実の後は、
現実が描かれることが普通です。

物語のすべてが非現実であれば、
人はその物語と距離をおいてしまい、
共感することができないのでしょう。


逆にリアルな小説を書くのであっても、
どのような形であれ、
非現実の要素が必要なのだと思います。

単にリアル(現実)が読みたいのであれば、
ノンフィクションを読めばいいのであり、
そちらの方が現実世界と対応がある分、
ずっと興味深いはずです。

小説(フィクション)の面白さは、
現実と非現実の間にあるのです。
posted by エンジニアライター at 22:12| Comment(0) | 出版 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月05日

記憶に残るのは自分で考えたことだけ


情景描写をするときに
説明調になってはいけない、
ということが言われます。

たとえば、「忙しい」ということを伝えたい時、
その人は忙しかったというより、
10分の間に5人の来客と2本の電話があった、
などと表現する方が読み手に響くのです。

これはなぜなのでしょう?
結論から言えば、
人は自分の頭で考えたことを記憶に残す
からなのです。

つまり、ダイレクトに「忙しい」と言われるより、
描写をして「それは忙しい」と感じるほうが、
読み手のインパクトが強いのです。


少し前に広告文のセミナーを受けていて、
こんなことを言われたこともありました。

「ターゲットを定めて書くのだけど、
本文でそれを説明するな」

つまり、「○○で、××な人へ」
ということをベタに書くなということです。

これも、あなた向けですよ、
と説明されるよりも、
本文を読んで、「あっ、これオレのことだ」
と気づく方が、印象が強くなるということです。

太陽と北風の話にも通じますね。
北風のように、強い風ではぎ取ろうとするより、
太陽のように、自発的に促した方が強いのです。

当然、遠まわしに言い過ぎて、
全く伝わらなければダメなのですけど、
こんなことも意識しながら、
文章が書けたら良いな、と思います。

posted by エンジニアライター at 23:09| Comment(0) | 出版 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月22日

村上ファンドとは何だったのか

生涯投資家

堀江さんのニッポン放送買収騒ぎが
起きたくらいから、
村上世彰氏の村上ファンドが
話題に上がるようになりました。

しかし、メディアに登場する姿は
はっきり言って「悪者」、
真面目にやってきた会社に対して
カネのために敵対的買収を仕掛ける
カネの亡者のように描かれていました。

私もその時は、
そんな人なのかと思っていましたが、
本書を読んで考えが変わりました。

東芝の不正会計のような事件が起きて、
サラリーマン経営者をチェックする仕組みが
必要であることは明らかです。

その仕組みを担うべくは、
経営者自身が選んだ社外取締役ではなく、
株主なのです。

企業の不祥事が相次ぐ今だからこそ、
村上さんの本意は知られるべきだと
思いました。
posted by エンジニアライター at 19:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 出版 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月01日

伝えることでなく、結びつけること

科学技術をわかりやすく伝える。
私はこんなことを目標にしてきました。

でも、よく考えてみると、
これは少しおかしいのです。

つまり、どれだけわかりやすく
伝えたとしても、
興味の無いことは聞きません。

僕は科学は面白いものだと思っていますが、
世の中にはそうでない人の方が、
圧倒的に多いのです。

そんな人たちにできることは、
伝えることでなくて結びつけること。

つまり、興味を持っているものに結びつけ、
科学技術が「自分ごと」だと、
思ってくれることが大事なのです。

これからは伝えることより
結びつける活動をしたいと考えています。
posted by エンジニアライター at 19:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 出版 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする