2012年09月21日

世界の国々を旅して


最近、このサイトにはまっていました。
http://tabisite.com/

作者はご夫妻で新婚旅行として、
4年強の月日をかけて、世界の国々のほとんど
(246カ国中、230カ国)を旅したという
驚きの経験をされています。

そして、この4年強の月日が日記になって、
詳細な記録が残されています。

実はこれを全部読んでいたのですが、
読むだけで2週間くらいかかってしまいました。

世界にはこんなにたくさんの国があるんですね。
なんせ、1500ページ以上になりますからね…。
これを読んで、自分が将来に旅をしてみたいと感じた場所を
書き残しておきたいと思います。

1、グリーンランド
実はグリーンランドに人が住んでいるって知りませんでした。
ここは旅行者が氷の地を旅するにはベストの場所だと思います。
記事を読んでいると、言葉にできないほどの美しさみたいです。

2、イスラエル
日本では戦争のイメージが強く敬遠されがちですが、
首都エルサレムはユダヤ教、キリスト教、
イスラム教の聖地を持つ、歴史的に貴重な美しい町です。

3、フォークランド
フォークランドは南米アルゼンチンの東にある島です。
野生のペンギンの群れに出会えるところなのです。
ただし、旅行するのは簡単ではありませんけど…。


なお、怖いもの見たさという観点で、
印象に残った国も挙げておきます。

1、ピトケアン
世界で1番行きにくい(交通面で)国です。
人口50人程度のポリネシアの離れ小島で、
タヒチのある仏領ポリネシアの最東の島から、
ヨットで2日ほどという、まさに孤島の国です。

2、モンセラト
カリブ海の島国の一つですが、
なんとこの島で火山が起こり首都が埋まってしまいました。
旧首都プリマスは、現在のポンペイとも呼ばれます。

3、赤道ギニア
世界で一番旅が難しいと思ったのは中央アフリカです。
内乱などの政情不安に加え、ビザのとりにくさ、
交通網や宿泊施設の乏しさ、役人の賄賂要求など、
トラベラー泣かせの条件がそろっています。
その中でも、赤道ギニアという国は難しそうでした。


僕はこんな旅をすることはできませんでしたが、
記録を読ませていただいて、良い擬似体験ができました。

このような詳細な記録を残された作者に
感謝いたします。

posted by エンジニアライター at 02:11| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月23日

理系スタイリストからエンジニアライターへ


今までこのブログや様々な場面で
「理系スタイリスト」と名乗ってきました。

この「理系スタイリスト」はキャッチーな反面
致命的な弱点がありました。

それは、何をする人なのかわからない
ということでした。

まあ、情報を発信することをしたい
そんな考えしかありませんでしたし、
活動といってもブログを書くだけですから
それでも良かったのかもしれません。

ただ、私も30代半ばに差しかかり
これから何をしていくのか、と考える上で、
「書く」ということにさらに力を入れたい
そう心から思うようになったのです。

そこで、理系スタイリストを卒業し
エンジニアライターを名乗ることにしました。

ツイッターのIDや自己紹介欄などを
全て書き換えました。
(ただ、gmailのアドレスは変わっていません)

これから、少しずつブログ以外の活動も
進めていきたいと思っています。

今後ともよろしくお願いします。

posted by エンジニアライター at 01:48| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月01日

エンジニアライターの詳細プロフィール

TK1649.jpg


大手半導体企業に勤める、半導体エンジニア

幼少からなぜなぜ少年で、大学では物理を学ぶ。

卒業後、最先端物理の実践と勉強の場を求め、
衰退に向かう日本の半導体企業にあえて飛び込む。

1ミリの百万分の一(1ナノ)の精度でシリコンを加工する、
先端技術の職人として活躍中。

高等数学や現代物理学を駆使し、パソコンや携帯電話などの
頭脳である半導体を世に送り出している。


一方、社会と科学技術にある壁の高さを憂い、
科学館の解説や子供向け実験教室のボランティアなども行う。

「エンジニアの知を掘り起こせ」をモットーに、
現状専門分野以外では活用されていない
エンジニアのナレッジを掘り起こして、
新たなる価値を生み出すことを目標としている。


また、ブログを中心とした執筆活動も行い
現役エンジニアのライター、
エンジニアライターとしても活動。

「技術者がわかれば技術もわかる」との考えの下に、
技術者の生の声を綴ったブログ理系スタイルでは、
代表作である「裏・理系性女性欠乏症」や「数学は芸術だ!」など、
理系人の恋愛や価値観を綴った記事が好評。

書評ブログ理系書評! エンジニアライターの本棚を運営し、
理系本を中心とした500冊以上の本を紹介している。

著書に学校では教えてくれない! これ1冊で高校数学のホントの使い方がわかる本がある。

連絡方法は、下記のメールアドレスか、
ツイッターで@engineer_writerにつぶやいて下さい。

メール(@以下を半角に直して下さい)
rikeistylist@gmail.com




学校では教えてくれない! これ1冊で高校数学のホントの使い方がわかる本
蔵本 貴文
4798040665



2010年10月に行った3分スピーチの動画です。
題目は「なぜ日本企業がiphoneを作れなかったのか?」


posted by エンジニアライター at 00:21| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リケスタ!試作室

はじめまして、理系スタイリストのタカフミです。

現在は半導体の開発エンジニアをやっています。
これから、エンジニアとしての仕事はもちろん、
科学技術と社会の架け橋となれるような活動
がしたいと思っています。

このブログには、その活動の記録、日々の思い
を綴っていきたいと思います。

ちなみにタイトルの「リケスタ!」というのは
お気づきのとおり、「理系スタイリスト」を
ドラクエ風に略してみました。


どうぞ、よろしくお願いします。

posted by エンジニアライター at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする