2020年02月12日

ネガティブを考えるとうまくいく

 「理想の姿を決める」よりも、
 「○○を明確化する」方が効果的なのです。

□━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 エンジニアライターの
 「書いて人生を変える」メルマガ

 Vol.0049 2020.02.12

 発行者:蔵本貴文(くらもとたかふみ)
□━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★登録解除、変更URLはメールの最後にあります


こんにちは。
エンジニアライターの蔵本です。


最近、ビジュアルで伝えることに
関心を持つようになりました。

今、図解の数学の本を書いていることもあり、
どうやったら、視覚的にうまく伝えられるか、
という課題に直面しているのです。


ということで、デザインについての
セミナーに参加して学ぶことにしました。


その中で最初の講座が意外なものでした。

自分の課題について「目指す方向」ではなく、
「これは違うよね」というものを、
先に考えることが大事だと言うのです。


良く考えてみると、
これは確かに合理的な話です。

なぜなら「目指す方向」を決めてしまうと、
そのゴールから離れたことができなくなります。

実際には、最初の想定よりも、
良い解決策があるのにもかかわらず、
最初の想定から抜け出せなくなるのです。


また、「良いもの」の明確化は、
とても難しいということがあります。

その反面、ダメなものを指摘することは、
比較的簡単です。

その意味でも「これは違うよね」を
明確化することは効果的なのです。


デッサンをする時には、その物体ではなく、
周りの影や光を描くことによって、
物体を浮かび上がらせるともいいます。

それと同じように、
デザインで目的を達成するためには、
逆に「違うもの」を挙げていく方が、
うまくいくのですね。


これは様々なことに応用可能です。

例えば、将来の夢を考えるよりも、
「10年後、こうなっていたくない」を
考えた方が、良いことも多いのです。

ポジティブに進むことよりも、
ネガティブを避けることのほうが、
かえって理想へと近づくというわけです。


●●今日のポイント●●-----------------
何が理想かと考えるだけではなく
ダメなものを避けることを考えてみる。
-------------------------------------------


━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇◆ 発行元情報 ◆◇◆
 このメールに返信すると
 発行者にメッセージを送れます
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★発行人:蔵本貴文(くらもとたかふみ)★
大手半導体メーカーでエンジニアとして働きながら
数学を中心とした書籍の執筆や
電子書籍(Kindle)のプロデュースを手掛けています。

▼詳細プロフィールはこちら
 ⇒http://try.rikei-style.net/article/119908331.html


★蔵本貴文の著書★
▼エンジニアが出版する3つの理由
(私が出版に至るまでのいきさつが書かれた本です)
 ⇒https://amzn.to/2F7GLAT

▼数学大百科事典 仕事で使う公式・定理・ルール127
 ⇒https://amzn.to/2DJSHHI

▼学校では教えてくれない!
 これ1冊で高校数学のホントの使い方がわかる本
 ⇒https://amzn.to/2TpkH8A

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
▼バックナンバーはこちらから
 ⇒https://mail.os7.biz/b/qAnS

▼登録フォームはこちらです
(メルマガをご紹介頂ける時にお使い下さい)
 ⇒https://mail.os7.biz/add/qAnS

▼登録メールアドレスの変更はこちらから
 ⇒https://mail.os7.biz/mod/qAnS

▼登録解除はこちらから
 ⇒https://mail.os7.biz/del/qAnS

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
posted by エンジニアライター at 23:11| Comment(0) | メルマガ「書いて人生を変える」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: