2019年12月16日

量子力学コンプレックス

 「量子力学」で人生が改善する。
 これは本当なのでしょうか?

□━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 エンジニアライターの
 「書いて人生を変える」メルマガ

 Vol.0024 2019.12.16

 発行者:蔵本貴文(くらもとたかふみ)
□━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★登録解除、変更URLはメールの最後にあります

こんにちは。
エンジニアライターの蔵本です。


このメルマガはある起業塾に
参加しながら書いています。

そこで講師の方が「量子力学」という
言葉を使われました。

この言葉が私の胸に刺さりました。


というのも、私はこの「量子力学」に
コンプレックスを持っています。

まあ、話は簡単です。

この「量子力学」という科目を
大学で勉強していたのですが、
いくら勉強してもさっぱり理解できず、
挫折してしまったということなんですね。

よく「数学コンプレックスなんです」
という人がいますが、
それは私にとっての量子力学のような
ものなのだろうなと思います。


この「量子力学」というもの、
実際は意味不明なほどに難しい
物理学なのですが、
最近はスピリチャルの分野で
使われることがあるようです。

「量子力学があなたを導く」みたいな。

だから、ネットに住む理系人間が
ニセ科学だと叩いているのも見かけます。

でも、私に言わせれば、
それはそれで良いのでは、と思うのです。


「プラセボ」という言葉を知っていますか?

これは薬の効果検証を行うときに、
検証したい薬だけでなく、
何の効果もないものを薬と偽って与えて、
その2つを比較するのです。

この偽薬を「プラセボ」と呼びます。


つまり、効果がないものであっても、
本人が薬と信じれば、効くことがあります。

だから、薬の効果検証には、
プラセボを使うことが必須なのです。


これって、科学の世界でも、
「信じれば救われる」ということが、
示されている、ということになりますよね。


つまり「量子力学があなたを救う」
と言われて、それを信じたとします。

するとそれに何の効果がないとしても、
実際に良い影響が出ることも多いのです。


信じる力は偉大です。
それは科学でも検証されているのです。


●●今日のポイント●●-----------------
信じるものは救われる。
これは科学的にも示されている。
-------------------------------------------


━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇◆ 発行元情報 ◆◇◆
 このメールに返信すると
 発行者にメッセージを送れます
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★発行人:蔵本貴文(くらもとたかふみ)★
大手半導体メーカーでエンジニアとして働きながら
数学を中心とした書籍の執筆や
電子書籍(Kindle)のプロデュースを手掛けています。

▼詳細プロフィールはこちら
 ⇒http://try.rikei-style.net/article/119908331.html


★蔵本貴文の著書★
▼エンジニアが出版する3つの理由
 ⇒https://amzn.to/2F7GLAT

▼数学大百科事典 仕事で使う公式・定理・ルール127
 ⇒https://amzn.to/2DJSHHI

▼学校では教えてくれない!
 これ1冊で高校数学のホントの使い方がわかる本
 ⇒https://amzn.to/2TpkH8A

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
▼バックナンバーはこちらから
 ⇒https://mail.os7.biz/b/qAnS

▼登録フォームはこちらです
(メルマガをご紹介頂ける時にお使い下さい)
 ⇒https://mail.os7.biz/add/qAnS

▼登録メールアドレスの変更はこちらから
 ⇒https://mail.os7.biz/mod/qAnS

▼登録解除はこちらから
 ⇒https://mail.os7.biz/del/qAnS

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
posted by エンジニアライター at 23:29| Comment(0) | メルマガ「書いて人生を変える」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: