2019年12月11日

「わからない」を忘れない

 わからない気持ちを忘れた人に
 何かを教える資格はありません 

□━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 エンジニアライターの
 「書いて人生を変える」メルマガ

 Vol.0022 2019.12.11

 発行者:蔵本貴文(くらもとたかふみ)
□━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★登録解除、変更URLはメールの最後にあります

こんにちは。
エンジニアライターの蔵本です。


何回かこのメルマガでも書いていますが、
今、数学の本を執筆中です。


ただ、今回の本は今までのように
高校数学程度をメインとしたものではなく、
対象者が理工系の大学生以上になります。

だから、実際のところ私自身が
勉強しないといけないことが
かなり多いのですね。


いま取り組んでいるのが、
微分方程式の数値的解法である
4次のルンゲ・クッタ法です。

というと、難しそうだと思うでしょうが、
実はそんなに難しい話ではありません。

高校で学ぶ積分計算のほうが、
よっぽど難しいと思います。


ところが。。。
計算がなかなかできないんですよ

紙とペンで計算してみるのですが、
なかなか答えが合いません。

落ち着いて計算しようとするのですが、
歩いていて右手と右足が同時に出る、
そんな感じでうまくいかないのです。


こんなことをやっていると
「わからないって、こんなことなんだな」
と感じます。


例えば、娘に数学を教えている時、
「なんで簡単な計算を間違えるんだ」
と私は言います。

でもやっぱり、始めて見るものは、
なかなかうまくできないものですよね。


今の私に教えてくれる人がいるとしたら、
「なんて物分かりの悪いヤツだ」
そう思われることでしょう。

レベルの差はありますが、
全く同じなのです。


違う例ですが、中学で習う文字式、
「a+2a=3a」という計算が
できない子がいます。

そんなの「1+2=3」と同じだろ。

と思うのですが、
それは既に理解した人の感覚です。

わからなかった自分を
忘れてしまっているのですね。



今回の本の執筆を通じて、
自分が謙虚さを忘れていないか、
それを確認するいい機会になっています。


学校の教師のように人に教える人、
また私のような著者にとっては、
「わからない気持ちを忘れない」
ということが非常に重要です。


そして、それを忘れないためには、
自身が新しいことを学び続けることが
大事なのですね。

新しいことを学ぶことを忘れた瞬間、
謙虚さが失われて、
自分の説明もわからないものになります。


このメルマガの読者の方は、
人に何かを伝える方が多いことでしょう。

ご自身でも新しいことの学びを、
忘れないようにしてもらいたいと思います。


●●今日のポイント●●-----------------
他人に何かを教える、伝える人は、
自分自身が学び続けていなければならない。
-------------------------------------------


━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇◆ 発行元情報 ◆◇◆
 このメールに返信すると
 発行者にメッセージを送れます
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★発行人:蔵本貴文(くらもとたかふみ)★
大手半導体メーカーでエンジニアとして働きながら
数学を中心とした書籍の執筆や
電子書籍(Kindle)のプロデュースを手掛けています。

▼詳細プロフィールはこちら
 ⇒http://try.rikei-style.net/article/119908331.html


★蔵本貴文の著書★
▼エンジニアが出版する3つの理由
 ⇒https://amzn.to/2F7GLAT

▼数学大百科事典 仕事で使う公式・定理・ルール127
 ⇒https://amzn.to/2DJSHHI

▼学校では教えてくれない!
 これ1冊で高校数学のホントの使い方がわかる本
 ⇒https://amzn.to/2TpkH8A

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
▼バックナンバーはこちらから
 ⇒https://mail.os7.biz/b/qAnS

▼登録フォームはこちらです
(メルマガをご紹介頂ける時にお使い下さい)
 ⇒https://mail.os7.biz/add/qAnS

▼登録メールアドレスの変更はこちらから
 ⇒https://mail.os7.biz/mod/qAnS

▼登録解除はこちらから
 ⇒https://mail.os7.biz/del/qAnS

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
posted by エンジニアライター at 23:11| Comment(0) | メルマガ「書いて人生を変える」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: