2019年11月04日

本を書く「資格」なんてない

 「私に本なんて書く資格はありません」
 という人はここを間違えてます。

□━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 エンジニアライターの
 「書いて人生を変える」メルマガ

 Vol.0006 2019.11.04

 発行者:蔵本貴文(くらもとたかふみ)
□━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★登録解除、変更URLはメールの最後にあります


こんにちは。
エンジニアライターの蔵本です。


この連休は、次の著書の執筆が中心です。
これは数学の本なので、
数学漬けの連休になりそうですね。。。


数学の本を書いているというと、
私はよほど数学に強い人だと
思われるかもしれません。


でも、実際はそうでもありません。
私は数学の学位なんて持っていませんし、
そもそも大学の三年以降は
数学の科目を履修すらしていません。


だから私より数学が得意な人なんて
世の中には掃いて捨てるほどいます。

数学のレベルで判断すると
「ちょっと賢い大学生」くらいの
レベルでしかありません。


そんな私が数学の本を出版できた理由は、
「とても数学ができる数学者」ではなく
「とても数学を使うエンジニア」という
ポジションの転換です。


このポジションに独自性があったので、
出版社で企画が採用されたのでしょう。


つまり、立ち位置に独自性があれば、
必ずしもその道のトップでなくても
本を書くことができるのです。

しかも、そういう本の方が、
一般の読者に受け入れられたりしますからね。


例えば、新しいスポーツを始めたい時に、
いきなりオリンピック選手を
コーチにしたいと思うでしょうか?

むしろ、始めて数年しかたっていない
少し先輩レベルのコーチの方が、
親近感を感じて良い、と感じないでしょうか。
(特に趣味ではじめるならば)


本は商品であるので、
その価値は読者が決めるものです。

そして、価値の方向性は無数に存在します。


だから
「私よりすごい人がたくさんいるから
 本を書く資格なんてありません」
は、間違いです。

著者としてのポジショニング、
つまり、「自分はどんな読者を救えるか?」
に集中しましょう。



●●今日のポイント●●---------------------
本を書く「資格」なんて存在しない。
著者として重要なことは、読者を救えること。
-------------------------------------------


━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇◆ 発行元情報 ◆◇◆
 このメールに返信すると
 発行者にメッセージを送れます
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★発行人:蔵本貴文(くらもとたかふみ)★
大手半導体メーカーでエンジニアとして働きながら
数学を中心とした書籍の執筆や
電子書籍(Kindle)のプロデュースを手掛けています。

▼詳細プロフィールはこちら
 ⇒http://try.rikei-style.net/article/119908331.html


★蔵本貴文の著書★
▼エンジニアが出版する3つの理由
 ⇒https://amzn.to/2F7GLAT

▼数学大百科事典 仕事で使う公式・定理・ルール127
 ⇒https://amzn.to/2DJSHHI

▼学校では教えてくれない!
 これ1冊で高校数学のホントの使い方がわかる本
 ⇒https://amzn.to/2TpkH8A

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
▼バックナンバーはこちらから
 ⇒https://mail.os7.biz/b/qAnS

▼登録フォームはこちらです
(メルマガをご紹介頂ける時にお使い下さい)
 ⇒https://mail.os7.biz/add/qAnS

▼登録メールアドレスの変更はこちらから
 ⇒https://mail.os7.biz/mod/qAnS

▼登録解除はこちらから
 ⇒https://mail.os7.biz/del/qAnS
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
posted by エンジニアライター at 08:00| Comment(0) | メルマガ「書いて人生を変える」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: