2018年09月29日

自己肯定感の低い人は目標を高く掲げる


あるセミナーで、目標は高くするな、
ということを教わりました。

一般的に「夢は高く持て」と言われるので、
少し違和感を感じました。

しかし、後の説明を受けて、
それが本当に腑に落ちました。


自己肯定感の低い人は自分が嫌いです。

だから、高い目標を掲げて、
違う自分になろうとします。

しかし、そんな目標は達成できません。
そして、もっと自分を嫌いになるのです。


そして、自己肯定感の低い人は結果にこだわります。

自分自身に自信がないので、
アピールできるのは結果だけだと思っているのです。

結果が出れば多少は気分が良くなります。
しかし、結果が出ないときには、
「自分はダメだ」と酷く自分を傷つけるのです。


逆に自己肯定感の高い人は、
今の自分を今のままで良いと考えます。

だから、目標は高く掲げません。
目の前のできることを一歩ずつ進めていきます。

また、結果だけでなくプロセスを重視し、
ものごとを長期的にとらえます。

そして、少しずつ、少しずつ進んでいって、
ある程度の時が流れた時……

素晴らしい結果と変わらないようで
変化している自分に気づくのです。


本当の進歩は自分では気づかないものです。
逆に言うと、自分でガンガン進歩していると
感じるときには、何か無理があるのかもしれません。

今の小さな一歩が未来に繋がるような
生き方をしたいのものです。


posted by エンジニアライター at 22:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: