2018年05月26日

何かを成し遂げるための早道

CompetentCommunicator.jpg


2015年の4月より始めたToastmastersですが、
3年の時を経て、ようやく10個の課題を終了し
Competent Communicatorの称号をもらいました。

英語クラブに参加していたので
当初は1回のスピーチのために、
日本語原稿作成1週間、英訳2週間、
原稿の暗記と練習に3週間と、
1ヶ月半くらいの月日を費やしていました。

しかし慣れていくに従って、
その期間もどんどん短くなり、
良いスピーチのコツもつかんで
質も上げることができました。


ここで感じたことは、
何かを身につける時には、
環境が決定的に重要ということです。

Toastmastersに参加する前は、
英語をしゃべるなんて
限られた人だけができるもの、
と考えていました。

確かに自分の会社の中にも
しゃべれる人はいますが、
それが特殊で英語なんて
できないのが普通だと思っていました。

しかし、クラブに参加すると
誰もが流暢に英語を話します。

こんな環境に身を置いていると、
脳が勘違いを始めるのです。
自分もできるはずだと!

最初はギャップに苦しみましたが、
続けていくうちに、
それが当たり前になっていきました。

そして、まだまだレベルは低いですが、
なんとか英語を話すことに慣れて、
抵抗がどんどん小さくなっていきました。


何か実現したいことがある時、
一番の近道は、それを実現している人が
集うコミュニティに参加することですね。

3年かかった賞状を見ながら、
そんなことを考えました。

posted by エンジニアライター at 21:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: