2018年02月24日

つぶやき 2018/2/4〜2018/2/17

twitter_logo_header.png

●主なつぶやき
「よみがえれ、バサラの精神」という本を読んだ。
これは1987年初版で既に絶版。
しかし、アマゾンのマーケットプレイスで
文庫版の中古本を定価の倍額ほどで入手できた。
こんな時代には、無理して本を手元に置いておく
意味は無いような気がする。
かなりの希少本でも一万円くらいだせば、
大体手に入る。

思っている分には、
個人の思想ですまされることも、
言葉に出したとたん、
それではすまなくなることがある。



2月17日
理系書評! エンジニアライターの本棚  : 自分を磨く働き方 http://bookshelf.rikei-style.net/archives/51509923.html

2月17日
好き嫌いという生理的メカニズムは、人間が生まれ持った高性能なセンサーである。その声を無視して嫌いな客を我慢していると、しだいに心が病み、身体までもボロボロに疲れきってしまう。

2月17日
役割でつながるほうが、お金でつながるよりも幸せを感じることができる。

2月17日
お金の価値が暴落すれば、資本社会は終わる。

2月17日
理系書評! エンジニアライターの本棚  : VISUAL LANGUAGE―視覚言語へのデザインアプローチ http://bookshelf.rikei-style.net/archives/51509911.html

2月17日
「自分はそのデザインが好きか嫌いか?」という問いかけが、「そのデザインは我々についての真実を伝えているか?」に変わる。こうして真実味のあるアイデンティティが生まれる。

2月17日
思っている分には、個人の思想ですまされることも、言葉に出したとたん、それではすまなくなることがある。

2月17日
全ての言葉が言葉で書かれているとは限らない。

2月12日
理系書評! エンジニアライターの本棚  : テクノロジースタートアップが未来を創る http://bookshelf.rikei-style.net/archives/51506103.html

2月11日
『つぶやき 2018/1/21〜2018/2/3』リケスタ!試作室|http://try.rikei-style.net/article/456827492.html

2月11日
『べき乗の世界での成功法則』リケスタ!試作室|http://try.rikei-style.net/article/456827465.html


2月11日
理系書評! エンジニアライターの本棚  : 逆境のリーダー http://bookshelf.rikei-style.net/archives/51506064.html

2月11日
理系書評! エンジニアライターの本棚  : 不安な未来を生き抜く最強の子育て http://bookshelf.rikei-style.net/archives/51506062.html

2月10日
能力が低い人は、自分の能力が低いことに気づく能力も低い。

2月7日
人は問われる立場になると急速に成長する。

2月6日
理系書評! エンジニアライターの本棚  : いちばんやさしいブロックチェーンの教本 http://bookshelf.rikei-style.net/archives/51505924.html

2月4日
理系書評! エンジニアライターの本棚  : よみがえれ、バサラの精神 http://bookshelf.rikei-style.net/archives/51505879.html

2月4日
『つぶやき 2018/1/7〜2018/1/20』リケスタ!試作室|http://try.rikei-style.net/article/456670386.html

2月4日
理系書評! エンジニアライターの本棚  : 声と言葉のプロが教える 伝わる話し方 http://bookshelf.rikei-style.net/archives/51505869.html

2月4日
「よみがえれ、バサラの精神」という本を読んだ。これは1987年初版で既に絶版。しかし、アマゾンのマーケットプレイスで文庫版の中古本を定価の倍額ほどで入手できた。こんな時代には、無理して本を手元に置いておく意味は無いような気がする。かなりの希少本でも一万円くらいだせば、大体手に入る。

2月4日
知識を得るのは自ら考えるための材料を仕入れることであって、多いに越したことはないが、思考そのものではない。
posted by エンジニアライター at 21:44| Comment(0) | Twitter | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: