2017年09月16日

しゃべるように書く意味

10倍速く書ける 超スピード文章術

数々の著名な著者の本のライティング実績、
そして、ご本人も多数の著書がある
上阪徹 氏の新刊が発売になりました。

私は上阪さんのセミナーで文章を
学んだことがあるのですが、
良く言われた(そしてこの本にも書いてある)
ことが、「しゃべるように書きなさい」
ということでした。

あらためて今回の新刊を読んで、
その意味がわかったような気がします。

しゃべるように書くことの意味は
大きく二つです。

一つ目は、「読者を意識せざるを得なくなる」
ということです。

書くという行為は一人でも行えます。
しかし、しゃべる時は必ず相手がいます。

しゃべるように書く時、
それは具体的な誰かをイメージします。

だから、この人はこの話題に興味があるだろうか?
この人はこの言葉を理解できるだろうか?
と、相手の立場に立った文章が書けるのです。


二つ目は「書く」呪縛から逃れられる
ということです。

人は「書き言葉」に
驚くほど思い込みを持っています。

つまり、「作文ってこんなもんだろ」
「広告なんてこんなもんだろ」
「感想文なんてこんなもんだろ」
という思い込みです。

だから、普段使わないような
妙な慣用句を使ってみたり、
妙に前書きが長くなったり、
起承転結の枠に無理矢理はめ込んだり、
と普段やらないことをしてしまうのです。

はっきり言いますが、
この手の表現は百害あって一利なしです。

読み手からすると、退屈だったり、
分かりにくかったり、ろくなことがありません。

しゃべるように書くと、
この手の呪縛から逃れることができます。

これがしゃべるように書くメリットです。

特に後者はあまり意識することが
ないかもしれませんが、
本当にたくさんの人が「書く呪縛」に
取り付かれています。

これは書く勉強を始めてから
とても強く感じることです。
posted by エンジニアライター at 23:00| Comment(0) | 出版 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: