2017年08月05日

記憶に残るのは自分で考えたことだけ


情景描写をするときに
説明調になってはいけない、
ということが言われます。

たとえば、「忙しい」ということを伝えたい時、
その人は忙しかったというより、
10分の間に5人の来客と2本の電話があった、
などと表現する方が読み手に響くのです。

これはなぜなのでしょう?
結論から言えば、
人は自分の頭で考えたことを記憶に残す
からなのです。

つまり、ダイレクトに「忙しい」と言われるより、
描写をして「それは忙しい」と感じるほうが、
読み手のインパクトが強いのです。


少し前に広告文のセミナーを受けていて、
こんなことを言われたこともありました。

「ターゲットを定めて書くのだけど、
本文でそれを説明するな」

つまり、「○○で、××な人へ」
ということをベタに書くなということです。

これも、あなた向けですよ、
と説明されるよりも、
本文を読んで、「あっ、これオレのことだ」
と気づく方が、印象が強くなるということです。

太陽と北風の話にも通じますね。
北風のように、強い風ではぎ取ろうとするより、
太陽のように、自発的に促した方が強いのです。

当然、遠まわしに言い過ぎて、
全く伝わらなければダメなのですけど、
こんなことも意識しながら、
文章が書けたら良いな、と思います。

posted by エンジニアライター at 23:09| Comment(0) | 出版 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: