2017年04月19日

なぜ、現場主義が重要なのか?

私が新卒で大手電機メーカーの
半導体部門に就職しました。

しかし、残念ながら業績は右肩下がりで、
分社化、他社との統合を経て、経営危機と
さんざんな結果になっています。

その過程で、経営コンサルが入っていた
時期がありました。
その時は、コンサルタントに
相当辛口の評価を受けていたそうです。

理由は、例えばトヨタなど
成果を出し続けている会社に比べて、
圧倒的に部長以上の能力が低いと
言われていたそうです。

でも、元々の素質に差があるとは思えません。
私が入社したメーカーはバブル時代は
本当に素晴らしい会社で、
有名大学でトップの成績をとるような、
超優秀な人間ばかりが集まっていたのです。

となると、問題は人の素質ではなく、
会社のシステムにあることになります。
一体なにが問題なのでしょうか?

トヨタOBの方の講演を聞く機会があって、
質疑応答の際にその質問をしてみました。

すると、答えは興味深いものでした。
それは現場の教育能力にあるというのです。


トヨタといえば、
工場のカイゼン活動で有名です。

でも、よく考えてみれば、
今は効率よく作ることよりも、
売れるものを設計することが重要な時代です。

中国を初めとするアジア諸国の技術力は
確実に上がっていて、ものづくり力だけでは
日本の優位性を出すことはできません。

むしろ製造はアウトソースして、
設計に注力するのが今のトレンドです。

それでもトヨタが製造現場を重視している理由、
それは現場の教育能力にあるということです。

現場に出ると、問題が次々に出てきます。
それらをどんどん解決して、
良い製品を早く出さなくてはなりません。
逆に、そのことに集中できるのです。

考えてみれば、大企業というものは、
会議や調整など、ある政治的な活動に時間を取られ、
本当に顧客の価値をもたらす本質的な活動に
フォーカスできていないことが多いです。

そして、特に中間管理職以上の人間が、
顧客価値に結びつかない活動ばかりして、
能力がさびついていくのです。

しかし、トヨタでは、現場を通じて人を育て、
出世しても、成果にフォーカスするマインドを持ち、
そして、実際に成果を出し続けるのです。

これがトヨタのような会社と、
官僚化して落ちぶれる会社の
一番大きな差なのだと思います。


そういえば、成功している経営者の言葉に、
「現場重視」ということが多いですね。

これは、単に前に出ろ、と言うことでなく、
本当の成果にフォーカスするマインドを
忘れないという意味も強いのでしょう。

posted by エンジニアライター at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449212876
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック