2017年03月18日

ブックライターが足りていない

職業、ブックライター。 毎月1冊10万字書く私の方法

ブックライターとして有名な
上阪徹さんのセミナーに参加することになりました。

上阪さんはブックライターとして、
著者の代わりにライティングを行う仕事をされています。

その仕事についてまとめたのが、
職業、ブックライターなのですが、
この本を読んで驚いたことは、
ブックライターが不足していることです。

ブックライターは各界のトップを走る著者に
インタビューをして、そのノウハウを文章にまとめる
という大変やりがいのある仕事です。

その受け手が不足しているなんて、
なんてチャンスなのだろうと思いました。

私は、エンジニアライターとして、
科学技術の先端を走る人の知を
世に出すことに携わりたいと考えています。

その中でブックライターのような
職業が存在していること、
そして現在不足しているということが、
大きなチャンスだと思っています。

上阪さんの教えを受けて自分を磨き、
この世界に挑戦していきたいです。

posted by エンジニアライター at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 出版 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック