2019年08月17日

伏線をはっておくこと


夏休みにアマゾンのプライムビデオで
数本の映画を見てみました。

普段、ドラマとか映画などは見ないので、
楽しい上に気づきも多くて良かったです。



その中でも、考えさせられたことは、
「伏線」についてのことでした。

物語の場合、謎があったり、
ラストでどんでん返しがあるような
ストーリも多いです。

しかし、それを効果的にするためには、
各所に伏線をはって、「臭わせて」
置くことが大事なのですね。


どんでん返しといっても、
視聴者が完全に不意をつかれてしまうと、
それはむしろ反感になってしまいます。

物語の中で伏線をはっておいて、
「何か違和感があるんだけどな」
と視聴者に意識を与えておく。

その上で、謎やどんでん返しを見せるから、
視聴者にカタルシスを与えることができるのです。

とはいえ、その伏線があんまりバレバレで、
ラストが予想できるようなものであると、
白けてしまいます。

そこを微妙にコントロールしている作品が
名作となるのですね。


これは簡単なことではないと思います。
プロの製作者の仕事というものの
一端が見えたような気がしました。



posted by エンジニアライター at 23:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月10日

つぶやき 2019/07/21〜2019/08/03

twitter_logo_header.png

●主なつぶやき
本当に長期的なことを考えようと思ったら、
ある程度のまとまった休み、
つまり目の前の現実から
離れる時間が必要ですね。

日韓関係が国レベルで
とても悪化しているけれど、
こんな時こそ出会う韓国の方には
優しくしたいと思います。
今は個人の時代だから、
個人のつながりが
国や組織を超えられると信じて。


続きを読む
posted by エンジニアライター at 22:34| Comment(0) | Twitter | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月03日

ゼロストレスを信じること

現代社会に生きていると
本当に心理的なストレスが多いと思います。

仕事、家庭、友人関係、コンプレックス、
ストレスの元になるものが多いですよね。

しかも、情報が簡単に手に入るものだから、
知らなくていい情報まですぐに入ってくる。
そしてストレスを受けてしまいます。

このストレスに対処するにはどうするか?

ストレス源から、一時的に逃げたとしても、
また、新しいストレス源が登場するから、
モグラたたきのようになってしまいます。


でも、あきらめてはダメだと思うのですよね。
ストレスを無くすために必要なこと。
それは、ストレスがない世界があると
信じることが大事だと思うのです。

例えば、仕事で上司からプレッシャーを受けている。
でも、その現状をストレスと感じない、
そんな世界があると信じるのです。

たとえば、猫が好きな人、
その人にとっては猫は癒しです。
でも、嫌いな人にとってはストレス源ですよね。

それと同じように、自分を変えることにより、
今のままでもストレスがなくなる世界があると
信じることです。


本当にひどい状況にある人もいるでしょう。
「そんなことは理想論だと」
でも、信じないことには先に進めません。

そうしないと、いつまでも周りのせいにして、
ストレスを無くすための行動に移せません。

信じたところで、ゼロストレスには
ならないかもしれませんが、
信じないと絶対になくならないのです。

それだったら少しでも可能性が
ある方が良いですよね。


ゼロストレスにできると信じると、
自然に自分の内部に関心が向きます。
自分は何がストレスなのか、
そして自分の力を気持ちよく発揮するには
どうすればいいのか?

理想論だと切り捨てずに、
あるべき姿を信じることが大事だと、
あらためて感じました。



posted by エンジニアライター at 20:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする