2019年03月30日

Youtubeを更新し続けてわかったこと


Youtubeのチャネル『蔵本貴文の数学大百科事典』を始めて、
2ヶ月弱ほどがたちました。
ようやく、本のハイライトの一つである
微積分の章までたどり着くことができました。


色々課題はありますが、とりあえずは、
基本的に毎日更新できているので
今のところは上出来といえると考えています。

ただ、なかなか厳しい現実もありますね。

なんといっても、視聴数やチャネル登録者が
ぜんぜん伸びてこないということです。
噂には聞いていましたが、なかなか厳しいです。

ただ、コンテンツは数学ですので、
これから5年先、10年先でも価値があるものです。

時間を味方につけて、より多くの方に
見ていただけるよう努力していきます。

できれば「極限」とか「部分積分」などの言葉で
比較的上位検索されるようになって、
そこから私や私の本に、興味を持ってくれる方が
増えていけばいいなと考えています。


また、自分ってしゃべりが下手だなと……。
気づくと間違えたことを言っていたり、
急に話題を飛ばしていたり、
必要な前提の説明ができていなかったり……。

まあ、これは慣れるにしたがって、
改善されるものだと信じています。


これらの改善点は1歩踏み出さなければ、
見えてこないものです。
勇気を出して飛び込んでみて、
本当に良かったです。




posted by エンジニアライター at 19:21| Comment(0) | 高校数学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする