2018年07月07日

抵抗があることほど早くやらなければならない


やれば良いと思っているけれど、
できないことがたくさんあります。

自分の毎日の行動をチェックして、
時間の使い方を見直す。

このためには、まず自分の時間の使い方を
記録する必要があります。

その記録はやると良いのがわかっているのに
今まで手をつけることができませんでした。

今回、ある講座に参加して重い腰を上げると…
やっぱり、効果はあります。
自分の時間の使い方を振り返って、
発見や反省、改善点がたくさんみつかりました。


こんなふうに、やったら良いのはわかるけど
なかなか着手できないことは本当に多いです。

こんなことに着手していく仕組みを作れれば
自分の生活の改善につながるのでしょうね。

着手の仕組み化が重要です。
思いついたことを放置しないように
自分を追い込むようにしなくてはいけませんね。


posted by エンジニアライター at 15:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする