2018年04月25日

笑いと大雨はギャップで起きる



今日は大雨でした。

私はこの雨を見ながら、
ふと両さんのことを思い出していました。


両さんとは週刊少年ジャンプで連載されていた
こち亀こと「こちら葛飾区亀有公園前派出所」の
主人公の警察官、両津勘吉です。

私はこの漫画が大好きでいつも爆笑していました。
なぜ、こち亀はこんなに面白いのか?
その秘密の一つはギャップだと思っています。

なんといっても、主人公が警察官
というのがポイントです。
普通、警察官は真面目で正義感が強く……
というイメージでしょう。
実際、そんな典型的なキャラクターも出てきます。

でも、そんな警察官がバカをやる、
ということが面白いのです。

こち亀は警察官とバカというギャップをつなげて
笑いに変えているというわけですね。


それでは、大雨のエネルギーとは何か。
自然現象には必ずエネルギーの源があります。

それは何でしょうか?
ゲリラ豪雨は夏に起こるので、
熱が関係あると思う人が多いでしょう。

はい。これで半分は正解です。
でも、もう半分が必要です。
それはなんでしょうか?

実はそれは冷たさです。

地面が熱く、上空に冷気が流れ込んできた時
熱い空気が上空に流れ、急激に冷やされる、
その結果がゲリラ豪雨なのです。

近年はゲリラ豪雨が多くなったと言われます。
それはヒートアイランド現象、
つまり都市部のアスファルトにより
熱がこもりやすくなったからです。

そして、上空に冷気が流れ込んだ時
地面との温度差、つまりギャップが大きくなり
そのエネルギーがゲリラ豪雨につながるのです。


だから、あなたが笑いをとろうとした時
凍えるような寒い空気が流れても
落ちこまないでください。

すぐにあなたの熱い情熱を注ぎ込めば
ゲリラ豪雨のように
場は大きな笑いにつつまれることでしょう。


posted by エンジニアライター at 21:30| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月21日

つぶやき 2018/4/1〜2018/4/14

twitter_logo_header.png

●主なつぶやき
明文化されたルールは必要だが危険でもある。
なぜなら、ルールにさえ触れなければ、
何をしてもいいという発想を招くからだ。

データサイエンスに基づく事業運営の中では、
「失敗するかもしれない」を超えて、
「失敗することを確認するために」
行う仕事さえ必要である。

自分の血に従って生きている人には、
自然に人が集まってくる。
しかし、同時に
離れていく人もたくさんいる。


続きを読む
posted by エンジニアライター at 22:40| Comment(0) | Twitter | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月14日

四つの領域


名著「7つの習慣」で有名な
時間管理のマトリックスで「四つの領域」
という話があります。

完訳 7つの習慣 人格主義の回復


これは私たちの全ての活動を、
重要なものとそうでないもの、
緊急なものとそうでないものに
分けたマトリックスです。

そして、
緊急で重要なものを第一領域、
緊急でなく重要なものを第二領域、
緊急で重要でないものを第三領域、
緊急でも重要でもないものを第四領域
に分けるというものです。

こうして見た時、例えば仕事の場合だと、
第一は顧客クレームや締切間際の仕事など、
第二は顧客との関係構築や自身の能力開発など、
第三は電話や会議など避けられないもの、
第四はWebの閲覧などどうでもよいもの、
というふうに分けられます。

そして、7つの習慣では、
この中で第二領域に時間を裂くように
しなさいと、説かれています。

すると第一領域の活動が減っていき、
さらに第二領域の活動にあてられる
という良い循環が生まれるのです。


でも、第一領域の活動って
うまく利用すればパワフルだと思います。

例えば元々第二領域だった活動を
自分でシステム化することにより
第一領域にうつす、
また、第三領域だった活動の
意味づけを変えて第一領域にうつす、
こんなことが考えられます。

自分で制御できていない第一領域は
確かに問題ですが、
制御すればこれほど力強いものはありません。

そう考えると、理想的な活動は
1,第一領域の仕事をすること、
2,第一領域に仕事を集めること
という非常に単純なものになります。

こうすると、目の前の仕事に集中するだけで、
目標に近づけるという理想的な状態となります。


最後になりますが、このマトリックスは
目標を立てていないと成り立ちません。
重要というのは、目標に対して重要
ということですから。

目標がないと、そもそも重要なことがない、
つまり、第三領域と第四領域だけ
ということになってしまいます。


時間管理のマトリックスを
このように見ても面白いのでは
と思いました。


posted by エンジニアライター at 22:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月07日

つぶやき 2018/3/18〜2018/3/31

twitter_logo_header.png

●主なつぶやき
AIが発達すると合理的なことでは
全く差が出なくなる。
いかに非合理ができるかが
人間の強みになる。

書くことによって、
一時的にも自分の思考が
目の前に現れる。
頭の中でもやっと考えていることが、
言葉になる。
この過程で意外に面白くなかったり、
論理が破綻していることに気づく。
だから、書き出すことが大事なのだ。

続きを読む
posted by エンジニアライター at 19:34| Comment(0) | Twitter | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする