2017年12月30日

つぶやき 2017/12/10〜2017/12/23

twitter_logo_header.png

●主なつぶやき
不祥事で「あってはならないこと」
という表現に違和感を感じる。
「あってはならないこと」だから、
隠さざるを得なかった
という一面があるはずだ。

体験は、総括することにより経験になる。
そのためには起こった事、感じたことを
そのまま書き出すことが有効である。

続きを読む
posted by エンジニアライター at 23:19| Comment(0) | Twitter | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月27日

2017年の本 ベスト5

2017年は僕にとって、
とにかく走り続けた一年でした。

いつも何かに追われているような、
そんな感じではありましたが、
30代の最後の一年を全速力で
走り抜けられたと思っています。

そして外面的にはまだまだですが、
内面的にはかなり変化が見えてきました。

2018年は外面的にも変化が訪れるよう
勝負をかけていきたいと思います。

そんなことを考えながら、
今年の5冊を振り返ってみます。


続きを読む
posted by エンジニアライター at 00:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月23日

ABC予想が証明されました

京都大学の望月教授による
ABC予想の証明が認可され、
権威のある雑誌に掲載されるそうです。

つまり、証明が正しいことが検証され、
正式にABC予想が証明されたことになります。

ただ、望月教授としては、
ABC予想の証明が真の目的ではないようです。

自身の提唱する、
「宇宙際タイヒミュラー理論」の
可能性を示すということですね。

実際、ABC予想の証明はこの理論の
副産物にすぎないとのことです。

もう証明されてしまいましたが、
あのフェルマーの最終定理は
望月教授の理論でも証明できるそうです。


望月教授のこの論文は、実は
2012年には公開されていました。

それが、今になって雑誌に掲載になった理由は
検証にとても時間がかかっていたからとのこと。

つまり、望月教授の理論が難しすぎて、
一流の数学者チームでさえも、
検証に5年かかってしまった、ということです。


ただ、残念なのは望月教授は
フィールズ賞の受賞はできないことです。

というのも、フィールズ賞は40才以下という
年齢制限があって、望月教授は
それに引っかかってしまうようです。

まあ、ネットで調べてみると、
賞のための証明なんてバカバカしいから、
わざと証明を発表するのを遅らせた
と見る人もいるみたいですね。

天才の考えることはわからないものです。
posted by エンジニアライター at 19:07| Comment(0) | 科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月16日

つぶやき 2017/11/26〜2017/12/9

twitter_logo_header.png

●主なつぶやき
自分が理解できないものを扱う時に、
人は品格が試されているのだと思う。

正しいのだけど、
言ってはいけないことが世の中にはある。
それを知るか、建前を真に受けるかで、
結果に差がでてしまうんですよね。


続きを読む
posted by エンジニアライター at 17:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月09日

この経験はどうすればプラスになるか


身の回りでとても残念な出来事がありました。

ただ、人間が生きていれば色々なことが起こるもの。
もちろん、良いことばかりではありません。

そんな時、どんな行動をとれば良いでしょう。

私は5年後の自分を想像します。
そして、「あの経験をして本当に良かった」
なぜならば、「○○○○○○○○○○○○」
ということを考えるようにしています。

この○を埋める論理が重要です。
この経験はどうすればプラスになるか、
それを深く考察するのです。
すると人生はその通りになります。


起きてしまった客観的事実は変えられません。
しかし、世の中は主観なのです。

いかに、客観的に見て酷いできごとでも、
良かったと思えば良い出来事になるし、
その逆もまた真なのです。

過去のどんな悪い出来事も、
後からオセロをひっくり返すように、
良い出来事に変えることは可能なのです。

あらためて、自分にそう言い聞かせています。

posted by エンジニアライター at 23:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする