2016年11月26日

自分の本音は簡単に理解できるものではない

先週、西任暁子さんが主催されている
CCL(Community for Creative Leadership)に
ゲスト参加してきました。

西任さんは、元ラジオDJで、現在は、
スピーチやコミュニケーションを軸に
企業のリーダー育成に従事されています。

この勉強会で印象に残ったことは、
ある人の話を聞いて、
ニーズや感情を他の参加者が示していく
というワークでした。

例えば、美しさ、活力、安定といった
ニーズのカードをならべて、
対象者が何を求めているか推測するのです。

これは、参加者がニーズを汲み取ることは
もちろんですが、対象者にとっても
自分のニーズとはこれだったのだ、と
自分の本音に気づくチャンスになります。

自分のことなんて、自分が一番良くわかっている。
普通はこう思うかもしれません。
しかし、実際それは容易ではないのです。

時には、一人で考えながら、
時には、こうやって他の人と議論しながら
やっと、自分の本音にたどり着けるものなのですね。

そして、自分の本音がわからない人に
決して、他人の本音がわかることはありません。

自分を知ることは、
コミュニケーションの原点なのです。

この内容の一部は、西任さんの著書
本音に気づく会話術
書かれています。
ご興味があれば、ぜひ一読ください。


本音に気づく会話術
posted by エンジニアライター at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント・セミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月19日

つぶやき 2016/10/30〜2016/11/12

twitter_logo_header.png

●主なつぶやき
トランプ氏の当選といい、
イギリスのEU離脱といい、
根本的なことが変わってきているようです。
こんな時に大事なのは、
頑固に今までの価値観を貫いて、
世の中が間違えている、とは考えないことです。
これを受け入れた上で、
今後どうするか考えることです。

先日、ある講演会で
大手電機メーカーの技術者が自社紹介で、
ちゃんと税金を日本に納めています、
と言っていたのが印象に残っている。
技術者が自分の判断で
そんな話をするはずがないから、
企画部門が全社的に指示をしているのだろう。
そうだとすると、なかなか良いセンスだな、
と思った。

続きを読む
posted by エンジニアライター at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | Twitter | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月12日

クリエイターのセミナーは質が違う


書く力を総合的に伸ばしたくて、
宣伝会議社のクリエイティブライティングセミナーに
参加することにしました。

宣伝会議という会社は、
広告や宣伝業界の雑誌を発行したり、
その分野のセミナーを開催したりしています。

例えば、コピーライター養成講座とか、
編集・ライター養成講座とか、言ったものです。

そして、これらの講座の特長は、
講師陣がクリエイティブの専門家だということです。

つまり、一線で活躍しているコピーライタや
クリエイティブディレクターの教えを
間近で聞くことができるのですね。

今回、私が受講した講座もコピーライターや
クリエイティブの専門家が講師となっていて、
彼らの伝える姿勢を学ぶことができます。

初回はコピーライターの先生だったのですが、
細かい技術以前に、受講生に伝えたい、
という気持ちがビンビン伝わってきました。

もちろん、細かい技術も優れているのですが、
まず、意欲がないとどうにもなりません。

自分の会社のプレゼンテーションと比べると、
技術などでなく「伝える意欲」に
大きな差があるのだな、と痛感させられました。

これから2月まで、一連の講座は続きますが、
自分がどう変わっていくか、本当に楽しみです。

posted by エンジニアライター at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月05日

つぶやき 2016/10/15〜2016/10/29

twitter_logo_header.png


●主なつぶやき
ノーベル賞を受賞した大隈先生が、
企業や富裕層が研究を支える仕組みを作って
基礎分野での研究者育成に繋げる
という話をされている。
このためには、基礎研究に企業のメリットになる、
つまり企業のブランドイメージを上げる効果を
もたらすことが重要。
そのためのクリエイティブの役割は大きい。

好き嫌いは究極の差別化である。
これだけはマネすることはできない。


続きを読む
posted by エンジニアライター at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | Twitter | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする