2015年12月29日

2015年の本 ベスト5

これが2015年最後の更新となりました。
ここ数年、毎年が激動で仕事も環境も
めまぐるしく変わっていきます。

そして、来る2016年も激動となるでしょう。
全く、何が起こるか想像もつきません。

でも、最近はそれがとても快感になってきました。

2016年の暮れは僕は何をしていて
どんなことを考えているのか?

そんなことを想像しながら、
恒例の今年の本ベスト5を選びたいと思います。

続きを読む
posted by エンジニアライター at 03:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月26日

つぶやき 2015/12/6〜2015/12/26

twitter_logo_header.png

●主なつぶやき
ようやく長年中身がわからないまま使っていた、
ノイズ相関行列を理解できそうだ。
こんな風にわからない事がわかった瞬間が大好きで
この仕事を選んだのです。

僕はインプットを右脳的(感覚的)に、
アウトプットを左脳的(論理的)に行っているらしい。
自分が感覚的なのか論理的なのか
良くわからなかったので、
これがわかったことは今日一番の収穫だ。


続きを読む
posted by エンジニアライター at 19:42| Comment(0) | TrackBack(0) | Twitter | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月17日

流れ星にお願いをするとかなうわけ


流れ星に3回お願いをすると願いがかなう。

良く言われることですが、
これはただの迷信でもないのですね。

ポイントは流れ星が見えるのは一瞬ということです。

そんな一瞬の間に願い事を3回言えるということは
そのお願いを普段から意識しているということです。

それほど強く意識している願いであれば、
人はかなえることができるということです。


また、成功の女神は前髪しかない、
という言葉もあります。

つまり、チャンスと気づいたとき(向かい合っている時)
に髪をつかまないと、あとで振り返っても、
つかむことはできないということです。

そのためには、普段から自分の希望を明確化して、
希望をかなえるためのアンテナを高く張っておくことが
大事なのですね。

そろそろ2015年も終わりですが、年末年始にかけて、
自分がやりたいことを明確化しておきたいと思います。

その準備があってこそ、チャンスをつかむことができるのです。


posted by エンジニアライター at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月09日

つぶやき 2015/11/22〜2015/12/5

twitter_logo_header.png

●主なつぶやき
東京のような1の都市になる条件は何だろう。
例えば書籍編集者は日本では東京にしかない仕事、
これが1の都市になるために必要なのだろうか?
RT @InsideCHIKIRIN: ★ブログ更新★ 
東京一極集中と、地方の衰退(&再生)問題は
http://ow.ly/Vwn8n


環境というものはコロコロ変わるから、
それに惑わされず、
しっかり自分の価値観でものを見ることが大事。
よくわかっているつもりなんですが、
やはり周りにつられてしまいますね。
もっと強い心を持ちたいものです。


日本企業は経営者よりも
現場に競争力があるのだから、
社長と一般社員の給料差が少ないことは、
全く理にかなっている。


続きを読む
posted by エンジニアライター at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | Twitter | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月05日

そもそも「論理的に考える」って何から始めればいいの?

知人の深沢真太郎さんの新刊を読みました。
そもそも「論理的に考える」って何から始めればいいの?

数学はよく論理的思考に役立つ、と言われます。
ただ、こう言われても何が何だか、
わからない人が大半なのではないでしょうか。

学校でならう方程式や図形の計算、
これはただのパズルのようなもので
思考と言われてもピンときません。

そこで、この本の出番です。

本文のストーリーでは考えることが苦手で
フィーリングで突き進んでしまう女の子が
新幹線で偶然となりに座った、数学専攻の大学院生から
論理的思考のトレーニングを受けます。

そもそも「考える」って何、という話から、
アイデアの出し方まで、勉強できます。


数学というものは、この世で一番、厳密なものです。
その数学と比べると現実の世界は隙だらけ。

だから、斬新なアイデアを生むのにも論理思考は役立ちます。
その、裏を返すとどうなるか、がキーワードです。


深沢さんの本に登場する女の子って、魅力的なんですよね。
本人もとてもお洒落で魅力的な方です。

深沢さんの本は会話形式で読みやすいので、
本が苦手な人にもお勧めです。



posted by エンジニアライター at 16:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする