2018年10月13日

細かいところに突っ込みたくなるのはコンプレックスの裏返し


最近、モヤモヤとすることがありました。

スピリチャル系のサイトで、
やたら「量子力学的には」とうたった
記事を見かけることが多かったのです。

それらの内容は量子力学とは程遠いものです。
量子力学といいながら、万有引力の法則の
運動方程式を書いていたり酷いものです。

世の中には科学で解明できないこともある。
それ自体は私も賛同する部分もあります。

しかし、「量子力学」はれっきとした
自然科学だから、その名前を使って、
明らかに違うことを主張するのは
間違いだろう、と思ったのです。


しかし、こんな風にイラつく自分を
客観的に見る、もう一人の自分もいました。

自然科学の法則がスピリチュアルで
比喩的に使われることはよくあること。

波動とか光とか周波数とかエネルギーとか。

それらにはそんなに心を乱されないのに
量子力学にはどうして反応するのか?


もう少し考えてみると、
自分が同様にイラついてしまう言葉が
あることを発見しました。
それは「エントロピー」です。

つまり、エントロピーと量子力学の共通点……

あっ、僕は全てを理解しました。

その共通点とは、
「僕が理解できていないこと」
だったのです。

ニュートン力学や電磁気学など
自分が理解できている事柄は良くて
そうでないことには心を乱される。

つまり、これは自分の
コンプレックスの裏返しなのです。

例えば、ネットの記事で細かい間違いを
指摘したくなったとき。

それは、自分がそれを理解できていない
証拠なのかもしれません。

理解できているという自信があれば、
もっと寛容になれるはずなのです。


心を乱されるのは、
自分が理解できていない証拠なので、
それをバネに勉強する。

また、逆に自分が攻撃を受けた時は、
ああ、この人はコンプレックスを
抱えているのだな、と考えて
自分は平静を保つ。

そんな風にありたいと思いました。


posted by エンジニアライター at 23:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月06日

つぶやき 2018/9/16〜2018/9/29

twitter_logo_header.png

●主なつぶやき
自分にはすこし早いと思うタイミングが、
実は一番良いのタイミングなんでしょうね。

日本企業には優秀な人は沢山いるが、
人材を発掘し、リーダーにする仕組みがない。
つまり、人でなくシステムの問題だ。

続きを読む
posted by エンジニアライター at 21:50| Comment(0) | Twitter | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月29日

自己肯定感の低い人は目標を高く掲げる


あるセミナーで、目標は高くするな、
ということを教わりました。

一般的に「夢は高く持て」と言われるので、
少し違和感を感じました。

しかし、後の説明を受けて、
それが本当に腑に落ちました。


自己肯定感の低い人は自分が嫌いです。

だから、高い目標を掲げて、
違う自分になろうとします。

しかし、そんな目標は達成できません。
そして、もっと自分を嫌いになるのです。


そして、自己肯定感の低い人は結果にこだわります。

自分自身に自信がないので、
アピールできるのは結果だけだと思っているのです。

結果が出れば多少は気分が良くなります。
しかし、結果が出ないときには、
「自分はダメだ」と酷く自分を傷つけるのです。


逆に自己肯定感の高い人は、
今の自分を今のままで良いと考えます。

だから、目標は高く掲げません。
目の前のできることを一歩ずつ進めていきます。

また、結果だけでなくプロセスを重視し、
ものごとを長期的にとらえます。

そして、少しずつ、少しずつ進んでいって、
ある程度の時が流れた時……

素晴らしい結果と変わらないようで
変化している自分に気づくのです。


本当の進歩は自分では気づかないものです。
逆に言うと、自分でガンガン進歩していると
感じるときには、何か無理があるのかもしれません。

今の小さな一歩が未来に繋がるような
生き方をしたいのものです。


posted by エンジニアライター at 22:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月22日

つぶやき 2018/9/2〜2018/9/15

twitter_logo_header.png

●主なつぶやき
お金って実体がない概念なのです。
幽霊のようなもの。
世の中のほとんどのお金は
ただのデータとして処理されています。
だから、ある人が考えたお金が、
その人にとってのお金になってしまう。

人生では
「この人にもう少し早く出会えていれば」
と感じることがある。
でも、そんなことはない。
そのタイミングがベストなんだ。
始めるのに遅すぎることなんてないんだ。
実は、むしろ今が
ベストのタイミングだったんだ。

午後からのセミナーの前に
喫茶店でゲラの赤入れをしている。
間違いない。
確実になりたい自分に近づいている。


続きを読む
posted by エンジニアライター at 12:34| Comment(0) | Twitter | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月15日

わからないことがあれば本を書け


実は今、2冊目の本の執筆が佳境を迎えています。

本を書くことは決して楽ではないのですが、
身に染みるのが「自分が一番勉強になる」
ということでした。


次も数学の本で、前回よりも、
網羅的な本になります。

すると、自分自身で理解が足りないところ
というのが明確になります。

書くということはごまかしが聞きません。

話すのだとごまかせてしまいますが、
書くと筋の通っていないところが
目の前に突きつけられるわけです。

ですから、それを補うために勉強します。
その繰り返しが自分の知識を深めてくれます。


大前研一さんは、
「わからないことがあれば本を書けばいい」
とおっしゃっていました。

その境地に達するにはまだまだですが、
本を書きながら読者と成長していく、
そんな著者になりたいと思いました。


posted by エンジニアライター at 22:35| Comment(0) | 出版 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする