2019年04月13日

結局、生産性を高めるのに一番必要なこと

世の中で生産性と叫ばれていますが、
肝心の労働者は冷めた目で見ているようです。

経営者が残業代を減らしたりして、
社員から搾り取ろうとしているだけだと……。

まあ、これは正解かもしれません。
しかし、自分の生産性を上げないと、
どんどん苦しい立場に立ってしまいます。


それでは生産性を上げるためにはどうするのか?
いちばん大事なもの、それは環境だと思うのです。

順をおって、説明してみますね。
逆に生産性を高めようと思わない
理由は何でしょうか?

それはある程度明確かな、と思います。
生産性を上げても得がないからです。

今の日本の会社の仕組みでは、
生産性を上げて仕事をしても、
あらたに仕事が追加されるだけです。

そして、それで増える収入は微々たるものです。
だから、生産性を上げようとは思わないのです。
「頑張っても、しかたない」という感情です。

確かにこれは正しいです。
今の多くの会社ではこんな思考になりますよね。


ではどうすればいいか?
それは投下資源に目を向けるということです。

生産性とは成果だけで測られるものではありません。
必ず、(成果)÷(投下資源) という式で考えられます。
つまり、成果を高めるだけでなく、
投下資源を減らすことでも生産性は高まるのです。

例えば、2000字で1000円の
ライティング案件があったとします。
まあ、かなり割りの悪い案件ですね。
これに3時間かけていたら時給は333円です。

でも、そんな案件でも5分でこなせれば、
とてもおいしい案件に変わるわけです。


この例はわかりやすいでしょう。
しかし、「自分の仕事はそうはいかない」
多くの人がそう言うと思います。

ただ、努力はするべきです。
いくら成果を出しても給料が変わらないのなら、
成果は同じで投下資源を減らす工夫をして下さい。

そして、空いた資源を別のことに
転用してみて下さい。
それができれば、
生産性向上のモチベーションが上がります。


あまり良い例ではないかもしれませんが、
私の知人にこんな人がいました。

彼は書店の店長をしていました。
そして、彼は完全に仕事をシステム化して、
バイト数人で十分仕事が回る仕組みを作りました。

そして、空いた時間で彼は何をしたか?
事務所で小説を書いていたそうです。
それが、後の彼の飛躍につながります。


まあ、これは極端にしても、
空いた時間に自分の望む新しい仕事に
チャレンジしてみるなど、
やりようはあるはずです。

少なくとも、そのように環境を変えなくては、
生産性を上げるモチベーションが高まりません。

そんな環境を作ることが、
生産性を高めるのに一番必要なことだと思うのです。


posted by エンジニアライター at 00:41| Comment(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月06日

つぶやき 2019/03/17〜2019/03/30

twitter_logo_header.png

●主なつぶやき
『数学大百科事典』がアマゾンで
新しいレビューを頂きました。
学生の時に使う参考書は、
問題を解くためにあるので、
大人の学びなおしには
不要な部分が多いです。
そこを取り去って
コンパクトにまとめたことを
ご評価頂けたようでした。
morotanさん、
ありがとうございました。
https://amzn.to/2DJSHHI

続きを読む
posted by エンジニアライター at 22:09| Comment(0) | Twitter | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月30日

Youtubeを更新し続けてわかったこと


Youtubeのチャネル『蔵本貴文の数学大百科事典』を始めて、
2ヶ月弱ほどがたちました。
ようやく、本のハイライトの一つである
微積分の章までたどり着くことができました。


色々課題はありますが、とりあえずは、
基本的に毎日更新できているので
今のところは上出来といえると考えています。

ただ、なかなか厳しい現実もありますね。

なんといっても、視聴数やチャネル登録者が
ぜんぜん伸びてこないということです。
噂には聞いていましたが、なかなか厳しいです。

ただ、コンテンツは数学ですので、
これから5年先、10年先でも価値があるものです。

時間を味方につけて、より多くの方に
見ていただけるよう努力していきます。

できれば「極限」とか「部分積分」などの言葉で
比較的上位検索されるようになって、
そこから私や私の本に、興味を持ってくれる方が
増えていけばいいなと考えています。


また、自分ってしゃべりが下手だなと……。
気づくと間違えたことを言っていたり、
急に話題を飛ばしていたり、
必要な前提の説明ができていなかったり……。

まあ、これは慣れるにしたがって、
改善されるものだと信じています。


これらの改善点は1歩踏み出さなければ、
見えてこないものです。
勇気を出して飛び込んでみて、
本当に良かったです。


posted by エンジニアライター at 19:21| Comment(0) | 高校数学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月23日

つぶやき 2019/03/03〜2019/03/16

twitter_logo_header.png

●主なつぶやき
一言で『方程式』というが、
この言葉には
未知数を求めるための方程式と
未知関数を求めるための
微分方程式の二つの意味がある。
本当は言葉を変えた方が
良いと思うんだけど……。

対数グラフのように、
人知れず日常に
入り込んでいる数学もあります。
わかっている人とそうでない人で
差がでてしまうのですね。。。

副業しろと言われても
何をしていいかわからない。
そんな人は多いだろう。
しかし近い将来、その手の人は
新しい世代からバカにされる時代が
くるのかもしれない。
自分達の世代が
パソコンを使えない年長者を
バカにしていたように。




続きを読む
posted by エンジニアライター at 20:01| Comment(0) | Twitter | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月16日

人に与えて幸せになるための条件

こんな3人の人がいたとします。

1人は自分が何も提供することなく、
人から与えられようとするだけの人、
いわゆるクレクレ君。

2人目は自分が与えられた分だけを
相手に変えそうとする人、
つまりGive&Takeの人。

3人目は自分が人にできる貢献を考えて
ひたすら人に尽くす人。
つまり、Giver(与える人)です。


この3人の中でだれが一番成功するか、
そして誰が一番幸せなのか、という問題です。

少し、自己啓発の本を読んだことがある人だったら、
このように答えることでしょう。

成功するのも、幸せなのもGiverだと……。

確かにこれは間違いではありません。
しかし、それほど単純な問題でもないのです。

たしかに一番、幸せなのはGiverです。
しかし、一番不幸せなのもGiverなのです。

これは二面性という問題ではありません。
Giverの中で幸せなGiverと不幸せなGiverが
いるということなのです。

幸せなGiverと不幸せなGiverの違い、
それは自分を大切にしているかどうかです。

不幸せなGiverは自分を犠牲にしています。
そして、相手に罪悪感を与えることにより
人をコントロールしようとしています。
罪悪感を与えるためには自分が幸せに
なってはいけません。

一方、幸せなGiverは自分も大切にしています。
だから、人に与えるといっても
自己犠牲的なわけではありません。
だから与えられる方も気分が良くなって、
純粋に相手にお返しがしたいと思います。

そんな善意が積み重なって、
より成功して、より幸せになるのですね。


言い方を変えると、自分がLoseのLose & Winでなく、
自分も相手も幸せなWin & Win を目指すということですね。

理想論でなく、これを目指していくべきだし、
それは本当に実現できると思います。

そう信じて、行動していきたいものです。


posted by エンジニアライター at 00:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする